2020年3月17日火曜日

「相場チャート (aiba-chart)」というのを購入してみた


自作の、銘柄選定アシスト用のツールを使って、
過去の場面で銘柄選びをしてチャートを表示した時、
そのまま建玉練習をやってみたい、と思うようになった。

それを作るのは、それほど難しいことではない。
以前に作った、EXCEL版の損益計算表を
WEB画面用にアレンジして、
日めくり用の簡易チャート画面に 加えればよいから、である。

株価データは揃っているのだから、
建玉の数値を入れるだけで 自動的に損益計算がされて、
ヘッジを入れながらの建玉操作で、
利益や損失が載っていく状況を、体験することができる。

でも、既製品でそういうソフトが販売されていれば、
わざわざ作る必要はない。

数か月前に探したときに、「相場チャート (aiba-chart)」
というソフトが販売されているのを見つけたことがあるので、
それを思い出した。

それが、このソフト である。WEBアプリのようである。
https://aibachart.com/ra/


相場チャート (aiba-chart)


「まもなく販売終了します」と書かれていたけど、
注文したら、すぐに使い始めることができた。

チャートも見やすいし、移動平均線の設定がはじめから
相場師朗先生のルールに設定されている。

ウォーミングアップの練習として、建玉練習をやってみるのに
とても便利なソフトだと感じた。なかなかよくできているので、
わざわざ自作する必要はない、と思った。

パンローリング社の「チャートギャラリー」とは役割が違うので、
両方持っていても無駄にはならないと思う。

チャート画面から、リアルに損益計算ができる、という点で、
よくできたソフトだとは思うので、しばらく試してみようと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

これから ゴールデンクロス or デッドクロス する価格を事前に知りたい

通常は、前日までの 四本値 と 移動平均値 を使って、 2本の移動平均線のゴールデンクロス or デッドクロス を検出する。 翌日の寄付で、注文を入れる場合は、これでもいい。 でも、わがままを言えば、 今日の 14:30に ●●円を超えたら(あるいは割ったら)、 ゴ...