2021年5月19日水曜日

無料なのに、最強のトレーディング技術を学べる情報サイト 3選

無料で得られる情報のなかにも、一部、ものすごくレベルの高い 有益なものがある。

相場師朗先生の公式チャンネルパンローリングチャンネル を除いて、
私が愛読している「最強の無料サイト」は、次の3つ、である。


100億円トレーダー さんのブログ(およびメルマガ)
https://multimillionaire-trade.com/

今年になって偶然見つけた、ブログ。
無料の電子書籍をダウンロードして読んでみて、そのレベルの高さに驚愕した。
今まで何となく知っていただけの知識 が、ものすごく分かりやすく書かれていた。
もし、この電子書籍を 数万円で購入していたとしても、十分に満足できるものだった。

でもこの後に必ず、高額な商材を売りつけてくるのではないか? と覚悟していたら・・・
その後、ほぼ毎日、有益な内容が書かれているメルマガが送られてきた。

彼は、セミナー屋さんではなく、アフィリエイター(紹介報酬で稼ぐ人)のようなので、
高額セミナーではなく、3万円くらいのトレード練習用のソフト が紹介された。

そのソフトは、

「MT4裁量トレード練習君プレミアム」
https://multimillionaire-trade.jp/l/m/TQAYOQLAR5njya

というソフトで、私もすぐに購入して使い始めた。
これこそ、私が欲しかったものである。

実際に本番で使用するのと全く同じ環境のトレードツール(MT4)で、
過去のチャートでの練習が可能。


賢人のデイトレード
https://fx-trader-style.com/

前述の、100億円トレーダー さんの電子書籍で紹介されていたので、知った。
ブログ(およびメルマガ)もレベルが高いけれども、
YouTube動画で公開されている「リアルトレード」動画が、とても参考になった。

先が見えないチャートで、先のシナリオを考えながら、どのように対処していくか?
について、ものすごく具体的なノウハウをさりげなく教えてくれている。

動画と同じ場面を、「MT4裁量トレード練習君プレミアム」で体験してみると、
ぜんぜんその場面に気づかなくて、うまくできないことに気づく。
「知っていることと、できることは別」というのことを、本当に体験できる。

賢人のデイトレード」動画は、広告もついていないし、
アフィリエイトでの売り込みも一切ないので、好感が持てる。

これほどのハイレベルのノウハウを、完全無料で公開してくれている賢人さんに、感謝したい。


【FX】維新の介トレードチャンネル
https://www.youtube.com/c/IshinryuJp-eurjpy/videos

ところで、前述の2人はどちらも、「維新の介」さんの「維新流トレード術」のトレンドフォローの手法である。ほぼ無料で手に入る、次の書籍が紹介されていたからである。

大衆心理を利用して心理を上げる! 維新流トレード術
https://money-trade.jp/skc/?m=sp&p=youtube-PHletter

私は2年前、相場師朗先生の有料「株塾」に入る前に、この書籍を入手して「維新流:トレーダーズキャンプ(以前は、トレーダーズクラブ)」の会員になっている。
こちらのコンテンツは有料だし、他にも有料の商材やセミナー等もあるけど、必要に応じて購入すればよい。


ということで、現在の私は、相場師朗先生の有料「株塾」の他に、ここで紹介したノウハウを併用している。

株式でのスイングトレード(および建玉操作)は相場師朗先生の技術に優位性があり、
FXでのデイトレードは 維新流 に優位性があると思っている。

相場の値動き という 根幹的な部分のノウハウについては、どちらも共通するところがあるので、
足りない部分のノウハウを互いに補完すると、よりよく理解できることがある。
(注文の集中、斜めの優位性、レジサポ転換、建玉の操作 等)

少なくとも私は、維新流 と 相場(あいば)式 の両方の技術を学んだことで、理解を深めることができた。

相場師朗先生の双璧ともいえる、最強のトレーディング技術が 無料で手に入れられるのであれば、一読してみないのは、もったいないと思う。

2021年5月11日火曜日

15年以上も塩漬け状態の タイ株「ZMICO(現XPS)」が復活

今年の2月4日の記事「15年以上も塩漬け状態だったタイ株「ZMICO」が底打ちしたかも

の時に、株価の底入れを確認して、ナンピン買いをした後、
しばらく放置していたけれども、3ヶ月ぶりに確認したら、
社名が変わっていて、しかも暴騰していた。

利益確定のタイミングを逸していたので、少し下がったけれども、
ナンピン買いのおかげで、ほぼ購入価格まで戻してきた。


<2月4日時点のチャート>

ZMICO chart

<5月11日時点のチャート>

XPS chart

残念ながら、空売りを行うことはできないので、
もっとこのまま放置しておこうと思う。

2021年5月1日土曜日

マルチタイムフレーム分析(MTF) を理解するための練習用動画

デイトレードの場合、日足よりも短い時間足のチャートが メインで使われる。

15分足・1時間足・4時間足 で成立したローソク足よりも、
日足・週足・月足 で成立したローソク足の方が、
参加者も出来高も多くなるで、より確実であり、影響力が強いものとなる。

この特性、つまり、
より長い時間軸で成立したローソク足(上位足)の方が強いので、逆らえない!
を活かしてトレードするのが 「マルチタイムフレーム分析(MTF) 」  である。

デイトレードではほぼ必須の技術になるけれども、
株式トレードではそれほど重要視されていないようである。
その証拠に、日足・週足・月足のチャートを同時進行で見ることのできるツールが
皆無であり、自作チャートを作らざるをえなかった。

ちなみにFXでは、昔からデイトレーダーが多かったせいか、
既製のツールがいくつも出ていて、たとえば、
「MT4 (Meta Trader 4) 」では、簡単に表示させることができる。

なので、そのための自動再生動画を作ってみた。
今年の1月から昨日までの、米ドル/円(USD/JPY)チャートである。


たとえば、1月6日あたりからの、長い下降トレンドからの転換場面を、
日足だけでなく、4時間足、1時間足、15分足 との対比を、
何度も何度も繰り返して見ることで、値動きのパターンを掴む練習になる。

1つの時間軸のチャートだけを見て、チャート形状が良さそうでも、
上位足の目で よく見てみると、逆に見えるケースもある。

ちなみに移動平均線は、それぞれの時間枠で、次のように計算してみた。


大雑把だけれども、驚くほど、「上位足の高安値」が効いているかを
目で追いながら、理解することができると思う。

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)