2021年10月3日日曜日

3種の日経平均(指数、先物、CFD)を、ポイント・アンド・フィギュア(P&F)チャートで一目瞭然比較

日経平均(日経225)という名が付くチャートは、株価指数の日経平均株価の他にも、いくつかある。
代表的な商品として、先物、CFD(差金決済取引)、ETF、ETN等がある。

先物だと、日本取引所グループ(JPX)の「日経平均先物」の他にも、シカゴとシンガポールがあり、
CFDの場合は、証券会社ごとの相対取引による施設取引所で、たくさんの種類があり、
ETFやETNも何種類もの商品が上場されている。

「サヤ取り」をやっているなら、いくつかの種類のチャートをチェックする必要があるけれども、
そうでなければ、代表的なものだけを押さえておけばよい。

私も実際にチェックするのは、次の4種類である。

・日経平均株価
・日経平均先物(mini)
・くりっく株365の 日経平均CFD
・XM Trading社の 日経平均CFD (jp225cash)

これらの値動きの違いを大雑把に確認するのに、
ポイント・アンド・フィギュア(P&F)チャートは、とても役立つ。

微妙なニュアンスを確認するには、ローソク足、移動平均線、その他の指標(ADX, RSI, BB幅 他)を使うのがよいけれども、

「ひと目パッと見ただけで」

という条件がつけると、ポイント・アンド・フィギュア(P&F)がダントツに見やすい。

たとえば、3種の日経平均(指数、先物、CFD)をポイント・アンド・フィギュア(P&F)チャートで見てみると、次のようになり、それぞれの違いが認識できる。

1枠幅は 100円で表示させているが、1枠幅を変えることで、違う形が見えてくる。


・日経平均株価

日経平均株価 ポイント・アンド・フィギュア(P&F)

・日経平均先物(mini)

日経平均先物 ポイント・アンド・フィギュア(P&F)


・くりっく株365の 日経平均CFD

くりっく株365の 日経平均CFD ポイント・アンド・フィギュア(P&F)


ちなみにこれを、ローソク足 + aiba移動平均線 で見てみると、次のようになる。


・日経平均株価

日経平均株価 チャート

・日経平均先物(mini)  ※前日15:15時点

日経平均先物 チャート

・くりっく株365の 日経平均CFD

くりっく株365の 日経平均CFD チャート


チャートやテクニカル指標というものは、必ず一長一短があるものなので、
1種類だけに絞ると必ず「片手落ち」になる。

どうせ2種類見るのなら、両極端の立場のものを見る方が、本質を見つけやすい。

繊細な「ローソク足&移動平均線」と、大雑把な「ポイント・アンド・フィギュア(P&F)」は、とても良いコンビだと確信している。

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)