2021年1月27日水曜日

新サイト「 ダウ理論による移動平均線のトレンドシグナル一覧」

高値と安値の切り上がり と 切り下がり、そして、
高値抜け(高値越え) と 安値抜け(安値割れ)は、
相場のトレンドを判断するうえで最も明確なシグナルである。

それはまず、1日移動平均線、つまり「終値」から始まる。

5日移動平均線でも同じ方向のシグナルが出るならば、
週足ベースの動きにも反映されてくるので、より確実になる。

20日移動平均線でも同じ方向のシグナルが出るならば、
月足ベースの動きにも反映されてくるので、さらに確実になる。

そのような推移を見るためには、全部いっぺんに計算して
並べてみればよいと思ったので、さっそくやってみた。

それがこの新サイトである。

「[日経225+JPX400]
ダウ理論による移動平均線のトレンドシグナル一覧」
https://kabu.hosono.jp/dow/

ダウ理論による移動平均線のトレンドシグナル一覧

日足・週足・月足の、終値 + 相場師朗先生の移動平均線(8種類)で
ひととおりシグナルを出してみれば、
ダウ理論で定義される 3種類のトレンド(短期・中期・長期)の確認を満たせると思う。

上昇トレンドを示すシグナル(△)と下降トレンドを示すシグナル(▼)が
交互に頻繁に出る銘柄は、移動平均線が横ばいか三角保ち合いになっている可能性がある。

それはそれで、ずっと観察していればいつの日か、出来高を伴った本物の「上抜」または「下抜」シグナルが出た時に、大きく動く可能性があるので、そうやって見ていけるならば、役に立つシグナルになる。

なので、現物株の場合はやっぱり、週足のシグナルを中心に見ていくのがよいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)