2021年1月15日金曜日

日経平均先物の「当限継」の つなぎ足データがおかしい!

私の自作チャートで、今週の日経平均先物の「つなぎ足」のデータが微妙に違っていることに気づいた。

今月の、日経平均先物ミニ(日経225 mini)の取引最終日(2021年1月7日)以降のデータは、2021年2月限月のデータになっていなければいけないはずなのに、2021年3月限月のデータになっている。

日経平均先物「当限継」自作チャート

さっそく、データの取得元であるチャートギャラリー(パンローリング社製)を開いてみると、こちらのチャートの表示も少しおかしかった。

「当限継」の つなぎ足 で見ると、2020年12月11日から2021年1月7日までの価格データがごっそり欠落していた。

日経平均先物「当限継」チャート

そして、「2021年2月限月」を開こうとすると、同じ限月のデータがダブっていて、開いてみると、2020年11月中旬以降のデータが、ごっそり欠落していた。

だから、「2021年3月限月」のものが結合されているので、データが継続していないらしい。

日経平均先物「2021年2月限」チャート

どうにかならないかと思って調べてみると、チャートギャラリーには「サポート掲示板」というものがあるらしいのでそれを開いてみると、やはりデータの不具合があったことが書かれていた。

https://www.panrolling.com/execs/bbs.cgi?t=chtgal


製品のダウンロードページ <http://www.panrolling.com/pansoft/download.html> から

、「Rel. 5.06(2016/10/21版)一括インストール」をダウンロードして実行し、途中でデータは「上書きします」を選ぶことで修正される、とのこと。

インストールした日以来、訂正のあった株価データ等もすべて反映されているようなので、
チャートギャラリーを使う場合は、時々、再インストールをするのがよいのかもしれない。


1 件のコメント:

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)