2019年12月15日日曜日

日経平均株価の上値ブレイクアウト(ポイント・アンド・フィギュア)


日経平均株価は、上向きにブレイクアウトし、
ポイント・アンド・フィギュアのシグナルが出た。
細野式ポイント&フィギュア 2019年12月13日


昨年の2回の天井の時と同様に、

・日足、週足、月足の向きが一致
・移動平均線の向きと順番も一致
・出来高の増加という裏付けがある

という条件を満たしているので、文句ない。

細野式ポイント&フィギュア サマリー 2019年12月13日

今回は、3度目の高値トライになるので、
日経平均株価の、当面の方向性が決まる
重要な場面に来ている。

もし、このまま高値を更新したとして、
時期が12月で年末が近く、6 or 9連休も控えているので、
建玉を持ったまま 年を越すのは、ちょっと怖い。

「下落したら、買いを切って売りに転換すればいい」
というのは分かっているけれども、連休が続く時は、
大きな窓を空けての大陰線が出るリスクがあるので、
ダメージは大きい。できれば事前に避けておきたい。

一旦、建玉を手仕舞っておくか、スクエアにしておくか、
あるいは「観察中」のステータスにしておきたい。

「くりっく株365」は、レバレッジは大きいけど、
両建ての スクエア のポジションにする場合は、都合がいい。
証拠金も相殺されるし、配当金等の受払も相殺される。

明日以降、「くりっく株365」で買いを1枚入れる予定だけど、
東京市場では +3α を超えているので戻るだろうし、
夜間市場では 上ヒゲが出ているので、押し目を待とうと思う。

「JP225cash」は、取引単位が 1倍から売買できるので、
当然、買いを少しずつ仕込んでいこうと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

過去チャートでは、その日時点で 未完成 の「週足」「月足」を表示させたい

なるべく今日の相場と風向きが似ている 過去日に遡って、 「銘柄選び練習」をする時に、1つ難関があった。 それは、過去チャートにおいて、その日時点での 未完成の「週足」「月足」を同時表示させるのが難しい、 ということだった。 最新のチャートでは、週末または月末でない...