2020年11月23日月曜日

本日の PPP(パンパカパン) 銘柄一覧 ページに、週足と月足の「下半身?」「くちばし始」シグナルを追加

本日の PPP(パンパカパン) 銘柄一覧 ページ と そのFX版のページには、
日足での「下半身?」と「くちばし始」のシグナルを表示させる機能がある。

でもせっかく、月足と週足のチャートを同時に扱っているのだから、
日足だけでなく、週足と月足でも、同じように表示させてみたらどうか?
と思いついたので、さっそく表示させてみた。

日経225+JPX400銘柄で、移動平均線が 月足・週足・日足で PPP(パンパカパン) の 銘柄一覧株価指数+外国為替(FX)で、相場師朗先生のチャート分析を行うための相場情報

ちなみに、私のシステムにおける「下半身?」「くちばし始」のシグナルは、
相場師朗先生の「下半身」「くちばし」とは完全互換ではなく、少し不完全である。

「下半身?」は、「前回の終値が5MAの下にいて、今回5MAを上抜けた」というだけで、
いわゆる「半分の法則」にはなっていない。だから「?」マークがついている。
「逆下半身?」は、その逆向きである。

「くちばし始」は、「5MAが 上向きの20MAを上抜けた」というだけで、
角度も継続日数も考慮していないので、単なるゴールデンクロスであり、
クロスした当日しかシグナルを出さない。
「逆くちばし始」は、その逆向きである。

週足と月足でのシグナルの場合は、さらに少し注意が必要になる。
まだ未完成の週足と月足で出てきたシグナルは「幻」に終わる可能性があるからである。

週足は、週末日以外は未完成なので、途中経過、つまり暫定のシグナルであり、
月足は、月末日以外は未完成なので、これも暫定になる。

「月足・週足・日足で PPP(パンパカパン) の 銘柄一覧」 ページで、
思ったよりも多くの銘柄がリストアップされる理由は、

「月足」がまだ途中経過のものを使っている からである。

週足は、週末日つまり、金曜日には完成しているので、
週足完成日である 週末日(金曜日) の情報だけを使うようにすると、
実質的には 「週足と日足でPPP(パンパカパン)」 の銘柄をリストアップしたことになる。

それならば、「週足で 下半身?」「週足で くちばし始」 のシグナルも有効活用できる。

毎月の最終週の金曜日ならば、月足もほぼ完成してくるので、

「月足で 下半身?」「月足で くちばし始」 のシグナルも併用していいと思う。

そのシグナルが本当に有効なのか?の答えは、
過去日のリストアップ銘柄を見て、その実現損益を分析すれば一目瞭然である。

9日後までの損益経過は、画面上ですぐに確認することができる。

当サイトを有益に活用するには、

毎週、土日に、週足完成日である金曜日の銘柄一覧をもとに、銘柄選びを行う

という方法がオススメ、という結論になる。

そうすれば、週足のシグナルも有効活用できるので、より堅実な銘柄選択ができると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)