2020年11月7日土曜日

過去に選定した株式銘柄の 損益結果とチャートを表示させてみる

「本日の PPP(パンパカパン) 銘柄一覧」サイトにも、9日間の実現損益 の表示機能を追加したので、ついでに、そのチャートも表示できるように改善してみた。

日経225+JPX400銘柄で、移動平均線が 月足・週足・日足で PPP(パンパカパン) の 銘柄一覧

「月足PPP + 週足PPP + 日足PPP」で、下半身? と くちばし始 のシグナルが出ていて、チャート形状も「絶対に上がるパターンだ」と確信して選定した銘柄だったはずなのに、どういう経過でマイナスになったのだろうか?
と分析するには、数字だけでなく、ローソク足チャートも見ないと、納得できない。

結果的に下落したとしても、チャートを見て、最初の2日連続の陰線で、「これを見て手仕舞うことができれば大丈夫」というパターンならば、問題ない。

そうでない場合、エントリーのタイミングはその日で正しかったのか? 手仕舞うタイミングを逸していなかったか? ヘッジ玉を入れていれば継続可能か? 「相場の風向き」に逆らっていなかったか? 等を分析していく必要がある。

このように、選定日当日のチャート と 9本後のチャート を見比べてみて、分析する必要があるので、その2つのチャートのリンクを追加してみることにした。

当日のチャート(例)

先日付(9本後まで)のチャート(例)


こんなことで実力は上がるのか? は分からないけれども、一つの例として、
「月足PPP + 週足PPP + 日足PPP」という最強のトレンド銘柄なので、
分析するのに申し分のない題材であり、本番での試行トレードにも適用しやすいと思う。

私も以前は、「月足PPP + 週足PPP + 日足PPP」は、めったに発生しないパターンだと思い込んでいたけれども、抽出してみると、意外にも、たくさんの該当銘柄があるので、初級者は、このパターンだけに絞ってやってみても良いのかもしれない。



2 件のコメント:

  1. カメです。いつもお世話になっております。
    今回の、
    「月足PPP + 週足PPP + 日足PPP」は、めったに発生しないパターンだと思い込んでいたけれども、抽出してみると、意外にも、たくさんの該当銘柄があるので、初級者は、このパターンだけに絞ってやってみても良いのかもしれない。

    というお言葉、本当にありがたく思います。
    まだ実トレードは本格的にはやっておりませんが、大いに役立てたいと思います。


    返信削除
  2. 毎週金曜日に、左カーソルキー5回くらいを押して前週の金曜日までめくって、先週の土日にタイムスリップしたつもりで銘柄選定をしてみて、
    その結果を分析し、机上で利益が出せるパターンが分かってきたら、
    そのまま同じやり方で、本番に進めると思います。
    私も実はまだ、その試行中ですので、がんばっていきましょう。

    返信削除

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)