2020年10月19日月曜日

自作チャートで、ローソク足と終値線の表示をOFF・ONする機能を付けてみた

私が ローソク足と移動平均線を中心に見るようになったのは、昨年、相場師朗先生の株式トレード技術を学ぶようになってからのことである。

そして、有料「株塾」で学ぶようになってからは、ローソク足を消して移動平均線だけで相場の流れをつかむ、という方法も覚えた。

ローソク足の表示を消して移動平均線だけの表示にするのは、チャートギャラリーだと、簡単にできるので、普通に使っていた。

つい数日前、ふと思いついたのが、いつも自分が使っている自作チャートには、どうしてその機能がないのか?だった。
技術的に何も難しいことは何もないけど、今まで思いつかなかっただけである。
せっかく思いついたのだから、ついでにその機能を付けてみることにした。

画面上部に、ローソク足の表示有無と、終値線の表示有無のスイッチを付けた。
Google Chart では、テーブルの値を空白にすると、表示されなくなる。
だから、ローソク足を非表示にするには、値を空白にするだけでよい。

終値線を表示を付けたのは、ついで、である。
終値は計算する必要がなく、線を1本加えるだけでいいから、簡単である。


<ローソク足ON 、終値線OFF>


<ローソク足ON 、終値線ON >


<ローソク足OFF、終値線ON >


<ローソク足OFF、終値線OFF>


せっかくなので、今年1月からの 日経平均株価 の動きを、ローソク足を消して移動平均線8本だけにしたチャートで、自動めくり動画を作ってみた。

ローソク足の動きを見ると、波乱万丈な値動きだったけど、移動平均線だけにしてみると、なかなか綺麗な値動きだったことが、今になって分かってくる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)