2020年1月20日月曜日

トレード練習の続き - 2020/01/20


100株単位で練習中


日本板硝子(5202)

陽線連続で「下半身」で、緑も超えたので、
追加し、「0-9」へ。
日本板硝子(5202)のチャート 2020年01月20日


デジタルガレージ(4819)

予定どおり、寄成で手仕舞って「0-0」。
トライ届かず、赤線の上値切り下げなので、
空売りを入れて一本取ろうかと思ったけど、
前回下値で止まっているので、様子見にした。

先週(1/17)は、14:30~15:00の間に取引ができず、
翌週の寄付での手仕舞いとなったが、
週明けの今日は、窓空け(ギャップ)により、
損切り額が少し大きくなったので、失策だった。

やっぱり、エントリーは 翌日寄成 だとしても、
手仕舞いは、当日中にやっておくべきだと思った。

東京製鐵(5423)

予定どおり、寄成で手仕舞って「0-0」。
今日は、窓を空けて「下半身?」なので、
買おうかとも考えたが、様子見にした。


神戸物産(3038)

「0-0」のまま。
カウント8で、そろそろ一旦、
押し目をつけそうなので、お休み。


味の素(2802)

特に動きなしだけど、下げ目線なので
「2-1」キープ。


キッコーマン(2801)

「0-0」のまま。


日経平均

「くりっく株365」は、
「1-1」スクエアに。

「くりっく株365」は、やはり、最近、劣化が進んでいて、
日経平均株価との乖離が大きく、
節目の判断ができないので、紛らわしい。

「くりっく株365」は、短期トレーディング用ではなく、
配当金狙いの「買い」だけの、長期ポジション専用にしようと思う。

次に日経平均株価が、一旦大きく下げて、
底値が固まった頃に、1枚だけ買って、ずっと保有していれば、
何もしなくても、年間4万円くらい配当が付くので、それでいい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

過去の似ている日を探して、銘柄選び練習 を行う方法

過去の、似ている相場状況の日を探すには、どうしたらよいか? なんとなく「~~ショック」の後の状況が近いのかもしれないけど、 もう少し正確に、ピンポイントで探してみたい。 なぜ、そんな必要があるかといえば、「銘柄選びの練習」を行うのに、 できるだけ精度を高...