2021年3月27日土曜日

FXだけ、「終値線(1MA)」を「高値線(1MA) + 安値線(1MA)」へ変更してみた

日足・週足・月足のチャートでは、「終値」というものは、
オークションにおける最終価格と同じで、絶対的な意味を持つ。

でも、時間足の場合では、「終値」は、たまたま
その区切り時間につけた価格なので、絶対的な意味はなく、
むしろ、最高値 と 最安値 こそが、絶対的な意味を持つ。

時間足の区切りが必ずしも 00分 から始まっているとも限らず、
参加者が全員、正確な時計を使っているかどうかも怪しい。

そういうわけで、FXのチャートについては、
終値よりも、高値・安値 の推移をより見やすくするために
メイン画面を変更してみた。

「終値線(1MA)」を消して、代わりに
「高値線(1MA) + 安値線(1MA)」を表示させることにした。


少なくとも、これで、ダウ理論に基づく、
高値と安値の切り上げ・切り下げ が 見やすくなった。

これで過去の場面をひととおり、
「練習君プレミアム」を使って、
トレード練習してみようと思う。

今まで「終値線」ベースで判断して、
切り上げ・切り下げ の判定を間違えるミスは軽減できると思う。

ちなみに、株式トレーディングにおいては、
時間足を使うつもりはないので、
今までどおり「終値」を最重要視する。

0 件のコメント:

コメントを投稿

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)