2020年9月27日日曜日

神戸物産(3038)は下げ止まりで、エムスリー(2413)は、そろそろ天井?

神戸物産(3038)は、昨年と同じパターンで、ずっと下げてきた。
昨年は、相場師朗先生の「9、17、23の法則」どおり、23本目で下げ止まって、上昇に転じた。
私はその時、空売りを入れていたが、売りを切って買いに転換することができた。

今年も同じパターンになるかもしれないので、もう少し空売りをキープするつもりだったけど、18本目の陽線で、5,550円で切っていた。

そして、21本目のところで「下半身」シグナルになったので、100株買った。
今年も昨年と同じパターンで、ちょうど下げ止まったところで「株式分割」のニュースが発表されて、反発した。
この後、もう一旦下げる可能性はあるけれども、業績も良好だし、日経平均株価と関係ない動きをする銘柄なので、上げ狙いでいこうと思う。


エムスリー(2413)は、今年、100株ながらも2回の損切りで10万円くらい やられている。
こんなに一方的な上昇を続けているのに、ちょうどたまたま、緑を割り込む陰線の前日にエントリーしていた。

でもそろそろ一旦、天井にさしかかってきたかもしれない。
5日移動平均線(赤色)の下値が切り下がり、来週、上値を更新できなければ「三尊天井」になるからだ。
そしたら、神戸物産(3038)と同じように、一旦は下がるかもしれないので、それを待とうと思う。


月足・週足・日足 が揃って PPP(パンパカパン)の、強トレンドの銘柄は、「高値つかみ」や「底値売り」に当たる危険もある。

ここの対処ができないと9勝1敗で利益が吹っ飛ぶ可能性があるけど、うまく対処ができれば(つまり、負け人と真逆の建玉をすれば)、1勝9敗でも勝てる可能性がある。

相場師朗先生の、有料版の「株塾」で学ぶことで得られるものは、
「知識やノウハウ」の類いではなく、そういう「自信」 だと思う。


0 件のコメント:

コメントを投稿

パンローリング社のチャートギャラリー


■試用版 無償ダウンロード

http://www.panrolling.com/pansoft/download.html

■スタンダード版の新規購入 33,000円(税込)


■プロ版のアップグレード購入(スタンダード版から) 66,000円(税込)


■プロ版の新規購入 88,000円(税込)


■エキスパート版のアップグレード購入(スタンダード版から) 132,000円(税込)


■エキスパート版の新規購入 154,000円(税込)